エアコンを使っていると、何らかの異常が発生して修理や買い替えが必要になるときがあります。
その時に修理すべきか、それとも新しく買い替えるべきかをどう判断したらいいのかがわからないという人は多いのではないでしょうか。
そんな人のために、エアコンが故障した時の原因や使っているエアコンの使用年数などを総合的に見て、修理と買い替えのどちらが良いのかを見てみましょう。

こんなときエアコンは修理がお得!?

こんなときエアコンは修理がお得!?

エアコンの故障原因にはたくさんあります。
その原因によって、修理をした方が良いケースと新しく買い替えたほうが良いケースがあります。
故障原因別にどのくらいの費用が必要で、修理と買い替えのどちらがお得なのかを見てみましょう。

◇ブレーカーが落ちてしまう

エアコンは消費電力が多い家電です。
そのほかに電気を使用していると、使用できる電力のキャパを超えてブレーカーが落ちることがあります。
エアコンを使うことで単純に電力の消費が大きくなって、ブレーカーが落ちるのは故障ではなく消費電力業が増えているだけです。
使用電力量が低いにも関わらず、ブレーカーが落ちるときはエアコンの故障の可能性があります。
この場合のブレーカーが落ちるのはエアコンが故障したことで漏電しているためです。
漏電しているエアコンを使用するのは感電する可能性もあり危険です。
エアコンを継続して使用するためには、漏電の修理が必要になります。
漏電の修理には数万円の費用がかかるので、新しいエアコンを買った方がいい場合もあります。

◇冷房で冷たい風が出ない

冷房は設定温度に室温が近づくと冷たい風が出なくなります。
部屋が設定温度以上に冷えてしまうのを防ぐためです。
他にも室外機の周辺に物を置いたり、部屋の広さにエアコンが合ってなかったりすると冷たい風が出なくなります。
冷たい風が出ないから、エアコンが故障しているとは限りません。
部屋の広さにエアコンが合っており設定温度を大幅に下げても冷たい風が出ないと故障の家の制が高くなります。
冷風が出ない賞状で故障s女帝いる場合の多くは、エアコン本体でガス漏れが発生している可能性が高いです。
排出口から霜が出ているとガス漏れのサインなので、業者に相談しましょう。

◇暖房をつけても暖まらない

エアコンは冷房よりも暖房の方が電力を必要とするために効きにくいものです。
暖かい空気は軽いので、部屋の上の方に溜まるようになります。
冷たい空気は重いので部屋の下方に溜まり冷房が効いていることを実感できる。
これらの理由から、エアコンの機能が低いと暖房をつけても設定温度まで上がらないことがよくあります。
故障していないのであれば、温風は出ているはずです。
問題なのは暖房をつけているのに温風が出ていない場合のケースです。
ファンや熱交換器にゴミが溜まってしまい、暖房がほとんど効かないのが原因です。
汚れやホコリが原因なら、清掃することで症状は改善してよく効くようになります。

◇エアコン内で何か空回りする音が聞こえる

エアコンを止めているときの空回り音は、換気扇や強風が影響して発しているので故障ではありません。
エアコンを稼働させ、内部から空回りする音が聞こえたら故障の可能性があります。
空回りの音は、ファンについているホコリがファンの回転と同時に当たることが主な原因で発生します。
ファンのホコリを取り除いても、空回り音が消えないのであれば、エアコン内部が破損している可能性があります。
エラーコードやランプの点滅などを確認し原因は何なのかを調べましょう。
フィルターやファンの奥は、素人が解体すると故障の恐れがあります。
プロの業者に依頼して点検してもらうことをおすすめします。

◇水滴が室内に垂れる

エアコンの内部は、温度変化が大きくなります。
空気が乾燥していても、急激な温度変化によってエアコン内部で結露が発生してしまいます。
結露によって発生した水分は、ドレンホースを伝って屋外に排出されるようになっています。
水滴が室内に垂れるのは、ドレンホースに原因がある場合がほとんどです。
ドレンホースは結露した水だけではなく、ホコリやチリも一緒に排出されます。
ドレンホースの内部は狭いため、ホコリやチリが詰まって水が逆流します。
逆流した水が、室内に垂れるのです。
水の影響で機械が故障してしまい、修理や買い替えが必要になることもあります。

◇リモコン操作ができない

一般的にエアコンの操作は、リモコン操作でエアコンの設定は行います。
リモコンが操作できなくなるのも、エアコンの故障で多い原因の一つです。
リモコン操作ができないのは、単純に電池が切れている場合もあります。
リ門のセンサーが壊れていると、修理のしようがないため、リモコンの買い替えが必要になります。
リモコン操作ができなくなったときは、リモコンの再起動をおすすめします。
リセットボタンがあるリモコンならボタンを長押して、ボタンがないリモコンなら電池を抜いて10分程度待ってください。
再起動しても改善しないようなら、リモコンの交換を踏まえてメーカーに相談してみましょう。

エアコン修理にかかる費用

エアコン修理にかかる費用

エアコンの修理を依頼して、業者に来てもらうと修理費用としては実際の作業費用だけではすみません。
作業費用以外にも請求される費用がたくさんあります。
その修理費用を詳しく紹介します。

◇点検にかかるお金

エアコンが故障したからと言って、すぐに業者を呼んで点検してもらう必要はありません。
業者に依頼すると、点検してもらうだけでも高い費用がかかることもあります。
故障内容によっては、自分で直せる場合もあるのでまずは自分d根点検してみましょう。
余分なお金を払わないように注意してください。
エアコン修理の点検依頼をするなら、業者に事前にかかる費用の確認をしておきましょう。
点検費用は業者によって違うため、修理をすれば無料になる業者もあります。
確実に修理が必要なことが分かっていれば、転換は修理を依頼したい業者に依頼してもらいましょう。

◇部品交換にかかるお金

エアコン修理は、部品交換が必要になることが多いです。
一般的に、一つの部品交換なら5,000円~15,000円が相場です。
古い機種になると部品の在庫がないので、取り寄せになります。
取り寄せすると輸送費など余分なコストがかかることもあります。

◇業者の出張費用

エアコン修理を業者に依頼するときは、業者に自宅に来てもらわなければいけません。
多くの修理業者は、点検だけでも出張費用がかかります。
出張費用の相場は2,000円~5,000円程度ですが、万が一自分で直せる故障ならその費用は勿体ないです。
業者の出張費用は、エリアによって金額が異なります。
業者の数がエリア内に相対的に多いと低価格競争になるので、出張費用を安く設定されています。
また大手チェーンと比較して、個人業者の方が出張費用は安い傾向にあります。

エアコン修理ではなく買い替えがお得!?

エアコン修理ではなく買い替えがお得!?

エアコンの使用年数が10年前後経過していると修理をするよりはいろいろな面で買い替えの方がお得のケースがほとんどです。
具体的にどのようなときに買い替えがお得なのかを見てみましょう。

◇修理費用が発生しない

エアコンが故障したとき、修理ではなく買い替えを選ぶと修理費用が発生しません。
修理そのものにかかる費用だけでなく、点検費用、出張費用なども全て必要ありません。
エアコンの修理は、修理以外にかかる費用も多いのです。
その点、買い替えは余分な費用がかからない。
修理費用が安くても、他にかかる費用と合算すると高くつくという事が良くあります。
修理しても、古いエアコンだとすぐに故障してしまい、時間が立たないうちに新たな修理が必要になる可能性もあります。
故障を買い替えのきっかけにするのも、一つの方法として考慮する必要があります。

◇修理部品が製造中止であっても影響がない

エアコンの修理は、時間がかかることも珍しくありません。
業者との調整だけでなく、修理するために必要な部品を取り寄せるときの時間も必要になります。
特に古い機種のエアコンだと、修理部品が製造中止になっている可能性が高いので、さらに時間がかかります。
エアコンを買い替えるなら、修理部品が製造中止であっても影響がありません。
さらに、販売されているエアコンは最新機種です。
万が一、買い替えてすぐに故障してもメーカー保証が付いていて、修理部品が製造中止になっていることもないので安心です。

◇いざというときに故障する心配がない

エアコンを買い替える最大のメリットは、故障する可能性が極めて低いということです。
初期不良もあるにはありますが、その場合は販売店の責任となり修理費用は払う必要はありません。
さらに、最近のエアコンで購入時から問題を抱えていることは非常に稀です。
また、新品のエアコンは購入後のアフターケアも安心だ。
万が一故障しても、メーカーがすぐに対応してくれます。
これは、通常の修理と違い、買い替え直後の故障はメーカーに原因があるからですべて無料で対応してくれます。

◇新たな機能により電気代が節約できる

エアコンは、毎年のように新しい機種が販売されています。
他のメーカーとの競争により、機能性の向上は著しく消費電力も年々省エネ化されたエアコンが販売されています。
エアコンを稼働させると、電気代が発生します。
一般家電の中では、消費電力が特に大きい家電なのがエアコンです。
エアコンを買い替えると、新しい機能による電気代節約の効果も期待できるために、エアコンの買い替えにはお金がかかりますが、買い替えによって電気代が節約できることで長期的に考えるとコスト削減につながります。
故障した諸費電力が多いエアコンを修理するより、買い替えの方が総合的には節約効果は大きくなります。

◇身体に優しい機能が付けられている

エアコンからはカビやホコリも出ています。
エアコン内部は水分が多く、ホコリやカビが増えやすいことが原因です。
カビやホコリを吸い込み続けると、人によってはアレルギーの症状が出ることもあります。
新しいエアコンは、健康面に配慮し製造されているものが多いのです。
最近は、自動清掃機能がついているものや、カビやホコリを送風に含まないようにする工夫がされているエアコンがあります。
身体に優しい機能がついているのも、エアコンを買い替えるメリットの一つになります。

◇音が静かで夜は安眠

エアコンの稼働音は機種が古くなればなるほど大きくなります。
エアコンを稼働したまま寝る人にとって、稼働音の大きさは気になるものです。
エアコンの機種が新しいほど、音も静かになっています。
最新のエアコンであれば稼働音で睡眠が妨害されることもありません。
睡眠が十分にとれないと、疲労感は抜けないものです。
安眠できる環境を作るためにも、エアコンの買い替えのメリットは大きいのです。

エアコンの修理と買い替えは本当のところどっちがお得なの?

エアコンの修理と買い替えは本当のところどっちがお得なの?

エアコンの買い替えと修理、どっちがお得なのでしょうか。
いろいろと、調べているうちに面倒で嫌になります。
だからといって、エアコンを諦めるという選択肢は無謀です。

◇エアコンを買い換えたほうがお得な場合

エアコンを修理するのではなく買い替えた方が良いケースとして、エアコンを買った時の保証期限が過ぎていて修理代がかかる場合、保証期限内ではあるが保証される限度額が設定されていて何度も故障&修理を繰り返している場合に新しく買い替えた方が安く突くようなケースでは修理よりも買い替えをお勧めします。

◇エアコンを修理したほうがお得な場合

エアコンの抱えよりも修理を選択した方が良いケースとして、エアコンを買ったときの保証期限内である場合・あまり使わないエアコンで修理代金が安い場合などは修理をしたh場がお得です。
エアコンの買い替え&修理のどちらがお得か判断する方法は、メーカーや販売店の保証期間内かどうかが大きく関係してくるので、そこで判断してもいいと思います。

エアコン修理と買い替え!どちらがお得?どちらが高い?まとめ

まとめ

エアコンの故障時にどういう原因で故障したのか、修理するにはどのくらいの費用が掛かるのかを詳しく紹介してきました。
まだ、エアコンの故障とは無縁な人でも、いざ故障したときに、修理すべきか買い替えるべきかを判断するための材料になるので、ぜひよく読んで記憶しておくといざというときに役に立ちます。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【04月17日 20時19分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月17日 20時19分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事