掃除した方が良いと分かってはいるけど、なかなか手がつかないのがエアコンクリーニングです。
エアコンの汚れは、見た目でははっきりとはわかりづらいこともありますが、汚いまま使用していると人体にも影響があるといわれています。
長年エアコンクリーニングをしないでいると、健康被害の可能性があると分かってはいるけど、プロの業者に依頼すると費用が掛かるのでつい敬遠してしまいがちです。
業者にクリーニングを依頼するときにできるだけ安い時期や業者にはどのような物でしょうか。

エアコンクリーニングが安い時期はいつ?

エアコンクリーニングが安い時期はいつ?

面倒な掃除はプロの業者に任せた方が早いこともあります。
エアコンクリーニングの必要性と、業者へエアコンクリーニングを依頼するのが安い時期はいつなのかをみていきます。

◇安い時期

エアコンを使う季節は暑い時期と寒い時期です。
業者の話によると、この時期にエアコンを使用して、臭いやカビなどを心配しての依頼が多いそうです。
逆にエアコンを使わない時期は、エアコンクリーニングの閑散期となり、あまりエアコンを気にかけることはありません。
しかし、この時期が一番安い時期となり、エアコンクリーニングの狙い目の時期だそうです。
確かに、私も以前、エアコンを使用した後、臭いが気になり、急にエアコンクリーニングを思い立って依頼をしたことがあります。
しかし、時期が時期だけに予約も取りづらく、価格も高くなってしまいました。
エアコンをしばらく使用していないと、なかなか汚れには気づきません。
ただ使用してから急に依頼すると、高い時期となってしまうので注意が必要です。
エアコンクリーニングの価格は業者や、サービス内容によってもちろん異なります。
お願いする台数によっても価格が異なります。
ただ、エアコンを使わない時期のほうがエアコンクリーニングは安い時期となるので、この時期を逃す手はありません。

◇安い理由

エアコンを使わない時期にエアコンクリーニングが安い理由はなんなのでしょうか。
エアコンを使う繁忙期にはエアコンクリーニングの依頼も多くなり当然、価格も高くなります。
逆に、エアコンを使わない時期は依頼が少ないため、閑散期こそ安くして少しでも多くのお客を集めようとするのが一般的です。
エアコンをきれいにするという作業は同じでも、高い時期を避けてエアコンクリーニングを業者へ依頼することで安くなり、節約も可能になります。
ですので、なるべく安い時期を狙って、エアコンクリーニングをしたいものです。

ただ、安い時期を逃して、ついエアコンを使い始めてから汚さに気づいて高い時期に依頼してしまう事もありますよね。
私も、日々やることがどんどん出てきて、エアコンクリーニングの予約をつい忘れてしまいます。
忘れてしまう前に、エアコンクリーニングのことを考えた今、すぐ予約を入れおくのがおすすめです。
賢い主婦こそすぐ行動が効果的です。

エアコンクリーニングは必要なの?

エアコンクリーニングは必要なの?

エアコンクリーニングはそもそも必要なのでしょうか。
エアコンの掃除をしないデメリットはあるのでしょうか?
エアコンクリーニングを行わずに使い続けていると、エアコンにほこりやカビが溜まり、アレルギー症状の原因、喘息の原因などになるそうです。
エアコンをつけるとくしゃみや咳が出る、エアコンをつけると目がかゆかったり肌がムズムズしたりするなど、健康に害を及ぼす恐れがあります。
エアコンを掃除せず、カビが生えたまま使用し続けると、カビの胞子が使用の度に部屋に撒き散らされることになります。
確かにエアコンを掃除しないで使用し続けていると、見た目にもカビが付いているような感じがしたり、ほこりがついていたりする気にがします。
空気は目に見えないものですがよく考えると、カビの胞子が部屋中にまき散らされているなんて怖いものです。
家に居るのに、そんな空気の中で生活していると思うと、落ち着いて生活できなくなります。

そういえば、久しぶりにエアコンを使用したら鼻がムズムズしたことがあるな、と思い当たることがありませんか。
この健康被害がエアコンクリーニングをしない大きなデメリットなのです。
一緒に住んでいる家族の健康を考えると、汚れている状態のままエアコンを使い続けるのは、とても恐ろしいことです。
エアコンは買っただけで掃除をしないまま使用するのは絶対にダメで、きちんとしたメンテナンスが必要になります。
また、エアコンクリーニングをすることは、健康被害の防止だけではなく、冷暖房能力の低下も防いでくれます。
エアコンクリーニングの必要性が理解できたでしょうか。
私もこの健康被害を聞いて、エアコンクリーニングをしないでエアコンを使用することが怖くなってしまい、必要性を強く感じました。

エアコンクリーニングを自分でやる

エアコンクリーニングを自分でやる

エアコンクリーニングをプロに依頼すると値段が高いので、自分でやるという選択肢もあります。
ただ、カビや臭いの原因はエアコン内部なので、自分でやるとなると、カバーの取り外しから始まります。
また、大量のカビを掃除するので、養生しないでクリーニングを行うと部屋が汚れてしまいます。
養生とは回りを保護するという意味あいがあります。
エアコン周辺を汚さない、傷つけないためにエアコン回りを養生します。
こういった作業が苦手という人は、なかなか自分ではできません。
加えて、自分で掃除したことで洗剤液がエアコン内部に付着したりすることで、汚れなどが溜まりやすくなり、逆にカビが生えやすくなるなど、逆効果な場合もあります。

このように、エアコンは自分では掃除しにくい箇所というのが一般的のようです。
確かに内部の掃除は素人には難しいでしょう。
また、エアコンクリーニングをすることで逆効果になっていないかどうかの判断ができないので、上手に掃除できているのか不安になります。
この手間や不安を考えると、お金がかかっても業者に依頼するほうがいいのではと納得するところもあります。
ただ依頼する場合、値段は気になるのが主婦というものではないでしょうか。
そこで、私は、安い時期を知って賢く節約することをおすすめします。

エアコンのクリーニングを業者に頼むメリット

エアコンのクリーニングを業者に頼むメリット

エアコンクリーニングを自分でするのではなく、業者に依頼するときはどんなメリットがあるのでしょうか。
業者に依頼した時のメリットを紹介します。

◇隅々までしっかりと綺麗にしてくれる

できれば自分でエアコン全てを清掃できれば、費用も洗浄剤程度でほとんどかからず、自分で掃除をするに越した事はありませんが、プロに頼めば素人ではできないようなところまできれいにクリーニングしてもらえます。

◇なんといっても楽

業者がクリーニングするところをそばで見ているだけでいいので、勉強にもなりますし、掃除の気苦労や疲れなどはもちろん全くありません。
むしろ、業者さんにお茶やジュースを提供する余裕すら生まれます。
しかし、デメリットもあります。
自分でエアコンクリーニングをするより、業者に支払うクリーニング代費用の方が高額になるのは間違いありません。

◇おすすめ業者:D社

D社といえば、やはりお掃除用具を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
そのつながりで様々なクリーニングサービスを展開しているわけです。
D社では様々な掃除用具をご家庭にレンタルしています。
なんと最近では、ロボットクリーナーのレンタルも展開しています。

◇おすすめ業者:R社

家のトラブルサポート・家事サポート・収納サポート・ホームモニターなど暮らしの困ったときに解決してくれるサービスです。
家事サポートの中には、エアコンクリーニングサービスがあります。
ちなみにエアコン以外では、洗濯機クリーニング・お部屋のガラスクリーニング・フロアクリーニング・カーペットクリーニングなどの掃除サービスがあります。

◇おすすめ業者:K社

プロのハウスクリーニング業者が登録するクリーニングサービスの会社です。

◇おすすめ業者:D社

様々な業者が登録しているので、料金の範囲は広そうですが、平均的に10,000円前後、安い業者なら、6,300円ただしサービス内容に違いがあるかもしれませんので、なぜ安いのか?なぜ高いのか?もしっかりと把握しておきましょう。

エアコンクリーニングが安い!それはどんな時?まとめ

まとめ

エアコンクリーニングを業者に依頼するときに、できるだけ安い時期や業者に依頼するにはどうしたらよいのかについて紹介してきました。
今からエアコンクリーニングをしようと考えている人にはお勧めの情報ばかりです。
ぜひ参考にしてください。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【04月17日 20時16分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月17日 20時16分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事