エアコンを長年使っていると何らかのトラブルが発生します。
トラブルによくあるのが、ごみやほこりなどが詰まったり、水漏れにより床が水浸しになったりします。
そこで、これらのトラブルを解決するための原因を知ることができれば楽に対処できることもあります。
最終的にはエアコン修理を業者へ依頼することになるかもしれませんが、その前に自分で詰まりや水漏れの原因知ってくことが重要です。
詰まりや水漏れの原因、そして対処法を詳しく見てみましょう。

エアコンの水漏れ原因

エアコンの水漏れ原因

エアコンの室内機からの水漏れには屈か原因があります。
その原因を特定することで対処法が見つかります。
それでは、水漏れの原因を紹介します。

◇エアコンのつまり・汚れの蓄積

エアコンの水漏れの主な原因は、ドレンパンや熱交換器などの室内機の内部や、ドレンホースなどの詰まりや汚れの蓄積によるものです。
長年エアコンを使っていると、エアコンの室内機や室外機の各部品に埃や砂など異物が蓄積します。
エアコンの正常な運転をこの蓄積した異物が妨げ、エアコンから水漏れしてしまいます。
そのため、対処法は掃除です。
修理方法を訊かれる人も多いですが、故障ではないので修理する必要はありません。
やらなければいけないのは掃除です。
エアコンの室内機の掃除をしないと、熱交換器にホコリや汚れが溜まります。
熱交換器に溜まったホコリがその下にあるドレンパンに流れ、蓄積されます。
蓄積されたホコリなどが雑菌の温床となり、時間が経つと水と混ざりゼリー状のものになってしまいます。

ドレンパンに溜まった排水は、ドレンホースを伝って外へ排出されるようになっています。
しかしドレンパンにスライムが発生すると、ホースの入り口や内部をつまらせてしまい、水漏れを起こします。
エアコンの水漏れは、ドレンホースのつまりでも引き起こされます。
外にある室外機の周辺に草や花が生えていると、ホース内に侵入します。
風などで小石が入ったり害虫の死骸などがたまったりすると、ホースをつまらせます。
ホースが詰まると、本来排出されるはずの排水が正常に流れずに逆流します。
逆流した水はエアコンの吹き出し口やホースの隙間などから漏れてしまいます。

また、ホースの上にものを置くと排出口を閉じてしまうので、逆流の原因となってしまいます。
また、エアコン周辺に植木鉢などの障害物があると、風などで倒れてホースを潰してしまうことがあります。

◇エアコン室内機の傾き

エアコンの室内機が傾くと、風の吹き出し口などから水が漏れだす可能性があります。
室内機の裏には、壁に固定するための取付金具が設置されていますが、常に室内機の重みによる負荷がかかっており、年月が経つと歪んだり外れたりしてしまうことがあります。
この取付金具の歪みや外れによって室外機までもが斜めになったり前に傾いたりすると、奥に流れるはずの排水が前から出てきて水漏れてしまいます。

◇コーキングの甘いパイプ

雨水が、エアコンの室内機と室外機を繋いでいる配管から侵入してくることがあります。
これは雨水が外の壁穴を伝ってくるケースで、雨の日にエアコンから水漏れするといった場合はこれが原因です。
雨漏りが侵入する原因としては、エアコン取り付け時に壁穴の隙間を埋めるコーキング作業が雑になっていることが多いです。
コーキングがされていなかったり量が少なかったりすると雨漏りの原因になります。

◇熱交換器の結露

熱交換器に結露が発生して、エアコンの吹き出し口などから水が漏れ出てくることがあります。
熱交換器の結露の原因は、エアコンの負荷にあります。
エアコンの性能よりも広い部屋で使用していると、必要以上の負荷がエアコンの運転時にかかります。
エアコンに性能以上の負荷をかけてしまうと、エアコンそのものが冷えすぎてしまい結露が発生してしまいます。
この結露が貯まると水になり漏れ出てきます。

◇吹き出し口の結露

エアコンの吹き出し口に結露が発生して、溜まった水が出てくることがあります。
これは室内の湿度が高くなりすぎると起こりやすい現象です。
湿度の多い部屋で温度を下げすぎると、室内の湿気が冷やされ吹き出し口付近に溜まります。
部屋の湿度が高いときは、設定温度を上げるだけで十分ンに結露しなくなります。
湿度による水漏れの場合はエアコン自体の故障ではないので、修理や交換などは必要ありません。

エアコンの水漏れの解決方法

エアコンの水漏れの解決方法

エアコンの水漏れは、つまりや汚れを清掃すればほとんどの場合解消できます。
最初にエアコン本体のカバーを取り外し、内部の汚れがどの程度なのかを確認します。
エアコンのカバーを外すと、ほとんどの機種でフィルターが見えます。
見えたフィルターも取り外し、汚れがどの程度かを確認します。
フィルターに埃が溜まっている場合は、フィルターを取り外してから水洗いをして埃を綺麗に取り除きます。
埃の付いたフィルターは、ブラシや洗剤を使って水洗いしていきます。
埃・汚れを取り除いたフィルターは、乾いた雑巾などで軽く水気を取り、新聞紙などの上に置いて日陰星をして乾かします。
フィルターの掃除が終わったら、エアコン本体の汚れがどの程度あるのかをみていきます。
エアコン本体からフィルターを外すと、熱交換器が露出しているはずです。
ここにも汚れが溜まっているはずなので、清掃が必要です。

熱交換器を清掃する前に感電しないようにするために、まずはエアコンのプラグをコンセントから取り外します。
プラグを差したまま清掃を行うと、エアコンの故障や感電を引き起こすことがあるので注意してください。
熱交換器についているホコリを、埃取りやブラシなどである程度取り除きます。
このとき熱交換器を壊したり、傷をつけてしまわないよう注意してください。
エアコンの洗浄を行うときは、カバーやパネルなどの外部部品は外せるだけ取り外しておきます。
パーツを取り外す際、ネジなどの細かい部品は無くしやすいのでなくさないように何か入れ物に入れておくと無くさずに済みます。
また、無理に取り外すと破損させてしまうので、慎重に作業を行ってください。

熱交換器などのホコリを取り、パーツを外したら洗浄カバーをエアコン本体に掛けていきます。
カバーすることで洗浄液や汚水が周囲に飛び散らないようにするためです。
エアコン全体が収まるように洗浄カバーを掛け、水が垂れてきてもいいようにカバーの下の床にバケツなどを設置します。
洗浄カバーが無い場合は、代替品として大きめのゴミ袋などでできます。
その際は隙間などができないように注意が必要です。
エアコンの室内機の清掃が完了したら、室外機のドレンホースも見ていきます。
室内機につまりや汚れが見られなければ、先に室外機を確認します。
室外機から出ているホースの中を覗き、なにか詰まっていれば取り除きます。
その後、ブラシなどでホースの中を清掃し、詰めった葉っぱや石、害虫などを掻き出します。
ホースの口にタオルをあてて、掃除機で吸うと汚れがよく取れます。
ドレンホースの清掃には、専用のサクションポンプというものもあるので、専用の道具も使って汚れを取り除きます。

つまり抜き・清掃に必要な道具

つまり抜き・清掃に必要な道具

エアコンの詰まりなどを解消するために必要な道具を紹介します。

◇エアコン洗浄カバー

エアコン洗浄カバーとは、クリーニング作業の前、洗浄液や汚水が周囲に飛び散らないようにするものです。

◇ドレンスライム抑制剤

ドレンスライム抑制剤を使用するとドレンパンに埃やスライムができにくくなり、詰まってから水漏れするのを事前に防ぎます。

◇ドレン用サクションポンプ

ドレン用サクションポンプをホースの口に差し込んで、ドレンホース内部のつまりを吸い取ります。

◇防虫ドレンキャップ

防虫ドレンキャップをドレンホース先端につけると、ゴキブリなどの害虫の侵入を妨げるだけではなく死骸による詰まりを防ぎます。

自分で出来るエアコンの水漏れ対処法

自分で出来るエアコンの水漏れ対処法

まずはエアコンから水漏れが起こった際の応急処置の方法をパターン別に紹介します。
エアコンの運転を止めれば水漏れも止まる場合がほとんどですが、運転中に確認したい所がありますのでひとまず我慢しましょう。

◇エアコン本体や吹き出し口から真下にポタポタ水漏れしている場合

エアコンの本体や吹き出し口からポタポタ水が落ちてくる場合、水が落ちる場所に一旦バケツなどの水受けを置いて床がぬれないように応急処置をしましょう。
水はねで周囲を濡らさないよう、なるべく底が深いものがおすすめです。
なお、吹き出し口からの水漏れが発生している場合はルーバーを一番上向き(水平)に固定することで解決する場合もあります。

◇壁を伝って水が垂れてきている場合

エアコンから壁を伝って水が流れてくる場合は、壁と床の境目に乾いたタオルなどを置いて吸い取るようにしておけば、床への拡散を防げます。

◇水が風と一緒に飛んでくる場合

エアコンの吹き出し口から風と一緒に水が飛んでくる場合は、フィルターの汚れかエアコン内部の汚れのどちらかが原因の可能性が非常に高いです。
エアコンの運転を止めて水が飛んでくる、ドレンホースからしっかり排水されている場合に進んでください。

◇応急処置後はドレンホースを確認

トラブルの応急処置が済んだらドレンホースを確認して、排水されているかどうかチェックしてください。
この時エアコンの運転を止めていると排水されていなくてもおかしくないので、エアコンは運転させたままチェックするのがコツです。
確認出来たらエアコンの運転を停止しても大丈夫です。
ドレンホースからきちんと排水されているのが確認できれば大丈夫です。

エアコンの詰まりや水漏れはどうすれば直るの?まとめ

まとめ

エアコンのトラブルで多い詰まりや水漏れの原因、対処について詳しく紹介してきました。
どれも役に立つ情報ばかりなのでぜひ参考にされてみてください。
今はまだ、エアコンの詰まりや水漏れが起きていなくても、いずれ起きたときの為に知識として入れておくと必ず役に立ちます。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【04月17日 20時53分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月17日 20時53分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事