エアコンのトラブルが発生して修理や買い替えが必要ではないかと思ったときにどこに相談するのが一番お得なのでしょうか。
いざエアコンが壊れてしまった場合、どこに相談すればよいのか迷うところです。
今回、エアコン修理を相談するのに一番おすすめなのがメーカーであることを詳しく立証していきます。
総合的に考えるとメーカーが一番安心できて安全な業者だという事がわかるのではないでしょうか。

エアコン修理はDIYできる?

エアコン修理はDIYできる?

エアコンが動かない時に原因としてリ門である場合は、修理をDIYすることも可能です。
動かない原因にもよりますが、DIYは可能です。
エアコン修理をDIYできることについて見てみます。

◇水濡れの場合、リモコンを2~3日乾かす

リモコンが故障する原因に、リモコンに飲み物などをこぼしてしまって使えなくなることがあります。
ただ、このような場合、リモコンの表面についている水分をふき取り、電池カバーをあけて、電池を取り出した状態で2~3日乾燥させてから使うと、また元のように動くことがあります。
子供がいる家庭では、リモコンに子どもが飲み物をこぼしてしまって一旦はリモコンが使えない状態になってしまうことがよくありますが、そのまま2~3日乾燥させた後、また元通りに使えるようになることがあります。
リモコンに飲み物をこぼしてしまった場合などは、すぐに新しいリモコンを購入するのではなく焦らず2~3日間乾かしてみてください。

◇リモコンを分解して清掃

リモコンのボタンを押してもリモコンから赤外線が出ない場合、リモコンのボタンの内部にほこりやよごれが蓄積して、ボタンが通電しないことがあります。
リモコン内部を清掃してみると、リモコンが動作する可能性があります。
ここまではリモコンを買い換えるのではなく今のリモコンを使えるようにするために、試しておきたいことについてお話して来ましたが、これらを試してもリモコンが直らなかった場合は、新しいリモコンに買い換えた方がいいでしょう。

エアコン修理応急措置

エアコン修理応急措置

リモコンを買い換えるまでの少しの間、エアコンを応急的に動かすことができる裏技的な方法について話します。

◇応急運転スイッチを押す

エアコンには応急運転スイッチというものがついていて、そのスイッチを押せば冷房や暖房機能を使うことができます。
応急運転スイッチは、エアコンの前面パネルを開けたところにある事がほとんどです。
応急運転スイッチの操作方法はメーカーや型番により異なるので、詳細については取扱説明書を読んで確認する必要がありますが、ざっくりと以下のような操作方法があります。
ボタンを1回押す毎に「冷房」→「暖房」→「停止」の順番に切り替わるタイプ・その時の室温、外気温により自動的にエアコンが運転内容、温度設定を選択するタイプ・前回の運転内容で運転するタイプ・設定25度の応急運転となり、温度調節などはできないタイプなど様々な宗田方法があり、リモコンをいくら押してもエアコンが動かない場合は、エアコンの説明書を確認して、この応急運転スイッチを押してみてください。

◇スマホをアプリでリモコンの代わりに使う

赤外線機能付きのスマホを持っているのときは、アプリインストールして使えばスマホをエアコンのリモコンの代わりにできます。
アプリによって対応しているメーカーが異なりますし、必ずエアコンを動かせるというわけではありません。
しかし、アプリで上手く操作できれば当分の間、スマホをリモコン代わりに使うことができるので、リモコン修理とは少し変わってきます。

◇別の部屋のエアコンのリモコンを使う

エアコンのリモコンは、メーカーが同じであれば、少々形が違っていても使えることがほとんどです。
別の部屋に同じメーカーのエアコンがついている場合、新しいリモコンが到着するまでは、それで代用するというのも一つの手です。
稀に、別のメーカーでも同じリモコン信号で動作するケースがありますので、ダメ元で別のリモコンで試してみてもいいかもしれません。

リモコンを買い換える具体的な方法

リモコンを買い換える具体的な方法

リモコンが壊れて、色んな方法を試してもリモコンがうまく動作しない場合があります。
この場合は、リモコンの買い換えを検討してください。
リモコンは純正のリモコンではなく、量販店に売っている汎用リモコンというものがあります。
汎用リモコンとは家電量販店などで純正のリモコンよりも割安で購入でき、説明書に記載の通りに初期設定を行っていくだけで使えるようになります。
汎用リモコンは量販店では2,000円程度で購入できる安いものですが、バックライト付きで見た目はなかなか良いものが販売されています。
ただ、汎用リモコンの場合は、運転モードや風量、風向きなどの基本的なことは出来ますが、空気清浄やイオン発生の切り替え、カビガード機能、フィルター掃除ボタンなどの細かな設定までは出来ません。
高機能エアコンの場合は、結局は純正のリモコンをネットで探して購入することになるかもしれません。
ネットで純正リモコンを探すコツは、リモコンに書かれている型番をネット検索すると見つかります。
そうすると、ヤフオクやその他のネットショップなどで簡単に純正リモコンを見つけられます。
この方法だと、リモコンが届くまで2~3日かかりますが、これまでと全く同じリモコンを手に入れることができ、操作方法なども変わらずに全機能を使えるようになるので待つ価値はあります。

エアコンの故障まずはメーカーに相談!

エアコンの故障まずはメーカーに相談!

エアコンが壊れた時はどこに修理を頼めば良いのか結構迷うものです?買ったところ?メーカー?近くの電気屋さん?などなどイロイロあります。
また、修理にどの程度費用がかかるかも不安だし、きちんと直せるの?という不安も感じます。
修理をどこに依頼するかという問題ですが、結果から言うと、メーカーに相談するのが一番早いのではないでしょうか。

◇メーカーが手っ取り早い理由1

メーカーは術・知識・経験の面で一番です。
技術・知識・経験の3つを合わせてサービス能力という面でいえば、基本的にサービスの最高峰はメーカーです。
もちろんメーカーではない一般の業者にもサービス能力に優れた人はいます。
反対にメーカーサービスだからといって、全員が優れている訳ではありません。
しかし、知りえる機器情報や、年間でこなしている修理件数が全然違うので修理に慣れています。
もちろん一般の業者の中で、サービスに優れた人を見つけられれば全然メーカー依頼でなくても問題有りません。
しかし、なかなかメーカーサービスじゃない一般の業者の中から優れた人がいる所などは探すのが難しいです。
それなら最初からメーカーに相談するのが一番手っ取り早いのではないでしょうか。

◇メーカーが手っ取り早い理由2

エアコン修理で一番気になるのがスピードです。
一般的にエアコンシーズンでの修理の話ですが、依頼するところで修理にかかる日数が違います。
基本的にメーカーに相談すると受付の時に聞いているエラーコードや症状、その機種で修理に使われた部品種類の統計などを元に、想定部品を持ってきてくれます。
そのため、初回点検で直る可ことあります。
しかし、一般の修理業者などは一度現地で点検をしてから部品を発注するので、部品交換が必要な故障は、必ず後日再訪問になります。
おまけに一番厄介なのが、診て貰っても技術不足で分からないからメーカーに相談しますという事になってしまうことがあります。
結局メーカーを呼ぶのなら、最初からメーカー呼んだ方が早かったということになります。

◇メーカーが手っ取り早い理由3

メーカーに相談する理由の一つに金額があります。
もし修理金額をチョットでも抑えたいなら、一般の業者(メーカー依頼せずに自分トコで直せる所)へ相談するのが、おそらく一番金額抑えられる可能性大です。
しかし、問題なく修理できる修理業者を探せるかが課題です。
それと結局メーカー依頼になると大体メーカー修理金額に1割ほど自分の会社のマージンが付加されるので、間違いなくメーカーに直で頼んだ時より高くなります。
それであれば、安い可能性もあるけど高い可能性もあるならメーカー依頼が安心でき??一番手っ取り早いという事です。

エアコン修理はどこに相談するのが一番良いの?まとめ

まとめ

エアコンが故障した時にどこに相談すれば良いのかを詳しく説明してきました。
結論から言うとメーカーに相談するのが一番で、修理後も安心して使い続けることができます。
そんなエアコン修理の相談先はどこが良いのかがはっきりと分かったのではないでしょうか。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【09月25日 18時19分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月25日 18時19分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事