エアコンのクリーニングをしたいけど、いつどの隊員具で業者へ依頼すればよいのかがわからないという人に、エアコンクリーニングのベストタイミングを紹介したいと思います。
エアコンクリーニングをしたくてもどのタイミングで業者へ依頼したらよいのかが全く分からないという人は、それを知る絶好の情報ばかりを記載しています。
ぜひ参考にされてみてください。

エアコンクリーニングのベストタイミング

エアコンクリーニングのベストタイミング

エアコンクリーニングは2種類あり、簡易クリーニングが、エアコンを設置したまま高圧洗浄機で汚れを落とすやり方と、分解クリーニングが、エアコンを分解し、パーツごとに洗浄になります。
どちらもエアコンクリーニングの代表的なやり方です。
エアコンクリーニングが必要な理由と時期について紹介します。

◇エアコンクリーニングが必要な理由

購入したばかりの時はきれいなエアコンですが、しばらく使用していると徐々に汚れが目立ってきます。
外からは見えない内部の汚れやカビもたくさん出てきます。
自分でフィルターなどの掃除をしていてもエアコン内部だと取り切れない汚れもあります。
室内機のふたを開けて見て、溜まったホコリとカビの量に驚いたという方も多いのではないでしょう。
では、なぜこのようにエアコンは汚れてしまうのでしょうか。

◇最適なエアコンクリーニングの時期

この二つのうち、分解クリーニングをする際は一度本体を取り外さなければなりません。
業者に分解して持ち帰ってもらい、工場などで洗浄後、持ち込んでもらって再設置という流れが一般的です。
通常ならばエアコンを取り外して再設置する作業が必要になります。
それが、引越しの際なら必ずエアコンの取り外しと設置を行います。
取り外したついでにエアコンをきれいにしてもらえるメリットがあり、まさに一石二鳥なのです。
引越し時は、エアコン内部の掃除をするには最適のタイミングといえるでしょう。

春の引っ越しシーズンがエアコンクリーニングに最適

春の引っ越しシーズンがエアコンクリーニングに最適

エアコンクリーニングをしようと思って業者に依頼したいけど、いつ依頼するのが安く済むのでしょうか。
できれば、少しでも費用を抑えたいという人の為にエアコンクリーニングを行う時期について説明します。

◇エアコン室内機の3つの特徴

エアコン室内機の3つの特徴として、冷房運転時に室内機から水が発生する(湿度)・ 暖かい空気はエアコンが設置されている天井付近にたま(温度)・室内に舞うホコリ・ハウスダスト・ダニ・ペットの毛・タバコのヤニを吸い込んで運転する(栄養)の3つがあります。
エアコン内部にはカビが発生するのに必要な三つの条件がそろっているのです。
最新のエアコンにはフィルター自動お掃除機能というものがついている商品もたくさんあります。
しかし、単なるフィルターの掃除をするだけではなく、内部乾燥機能を同時に利用して、汚れと水分を取り除かなければ室内機のカビの発生は避けられません。
また、内部掃除をしないで長期間にわたってエアコンを使っていると、内部に溜まったホコリやカビを風と一緒にまき散らしてしまい、カビを吸い込んで毎日の生活していることになります。
カビの細菌が含まれたエアコンの送風は人体にも悪影響を及ぼし喘息やアレルギー原因のひとつとも言われていますので、小さい子供がいる家庭は特に気になります。
引越しのタイミングでエアコンクリーニングをすれば、アレルギーや喘息の原因となるホコリやカビをキレイにできます。

◇春の引越しシーズンがエアコンクリーニングに最適

春の3月から4月は引越しシーズンです。
実はこの時期がエアコンクリーニングに最適なシーズンだということは知っていますか?6月の梅雨の時期はダニが多く発生してしまいます。
なぜならダニはホコリの中で増殖し、湿度が70~80%・温度が25度~28度のくらいの環境を好むからです。
これは、ちょうど梅雨時期の気温と湿度にあてはまり一番増殖します。
梅雨入り前にエアコン内部のクリーニングをしておくことで、蒸し暑い時期のダニの大発生を防ぐことができます。
梅雨入り前に引越しがあるという方は、ぜひエアコンクリーニングも依頼してみてください。
さわやかな夏を迎えられるでしょう。

エアコンクリーニングのメリットとデメリット

エアコンクリーニングのメリットとデメリット

エアコンクリーニングを業者に依頼するとメリットとデメリットがあります。
その時のメリットやデメリットについて詳しく説明します。

◇エアコンクリーニングのメリット1

分解クリーニングは業者が一度工場に持ち帰って作業をするのが一般的なため、一週間ほど時間がかかってしまいます。
猛暑時など引越し後すぐにエアコンを使いたい時期に依頼するのと、エアコンがない状態で暑い日を過ごさなければいけなくなるために避けたほうが良いでしょう。
購入して10年以上経過したエアコンなど、古いものは作業時に故障する危険性があるため業者から断られることが多々あります。
また、引越し回数が多く移設を繰り返したエアコンは、壊れやすくなっているのでこちらも避けたほうが良いでしょう。
あまりに古くなったエアコンは引越しを機に買い替えるのも一つの方法です。

◇エアコンクリーニングのメリット2

エアコンクリーニングをすることで得られるメリットはたくさんあります。
普段自分で掃除をしないでいると、タバコのヤニ汚れや料理時の油汚れ、ホコリやカビなどの汚れがどんどん溜まっていき、素人では手がつけられないくらい汚れてしまいます。
そんなエアコンの手入れしたい場合は、エアコンクリーニング業者に依頼する必要があります。
まずはエアコン内部にある熱交換器のクリーニングは必須です。
熱交換器をクリーニングすることのメリットは、エアコンの性能を高められます。
熱交換器はエアコンにとって一番大事な部分で、熱交換器を通って室内から取り込んだ熱を温めたり冷やしたりする重要なパーツです。

そしてもう一つ、ファンのクリーニングがあります。
ファンはエアコンの風量アップ、風速アップのために手入れをしなければいけません。
なんだか最近風量や風速が急に弱まってきている、と思ったら、その時はエアコンクリーニングを依頼し他方が良いでしょう。
業者に頼むとお金がかかる!と思っていませんか?実は掃除しないままエアコンを使い続ける方が電気代がかかっていまい、体にもよくありません。
エアコンクリーニングをすることで、エアコンが効率よく稼働でき、電気代もあまりかからず効率的になります。
自分では掃除ができないエアコンクリーニングを業者に依頼することで、快適な空間を手に入れることができるんです。

◇エアコンクリーニングのデメリット

エアコンを使うと鼻がムズムズする、エアコンの効きが悪くなってきた気がするなど、エアコンが本来の動きを保っていない時は引越しを機にクリーニングを依頼してみてはどうでしょうか。
エアコンの分解クリーニングをしましたが、クリーニングを利用したことがある人は明らかに冷房の効きと風量、においが違って驚いている人が多いです。
そして、クリーニング前は冷房使用時に本体から水滴が飛んでくる不具合があった利したのが、クリーニング後はそのようなこともなくなり快適な夏を迎えることができます。

また、転勤族で2・3年おきの引越しごとにエアコンクリーニングを依頼するとお得に依頼できます。
普段は気になっていてもなかなかそこまで手が回らない。
引越しは良い機会だからという事で、業者に依頼すると確実ですし、時間を有効活用できます。
エアコンクリーニングをすれば、きれいになった空気でさわやかな新生活を送れます。
引っ越し時は良いタイミングですのでぜひ試してみてください。

エアコンクリーニングのタイミング!とお掃除機能付きエアコン

エアコンクリーニングのタイミング!とお掃除機能付きエアコン

お掃除機能追記のエアコンはクリーニングをする必要がないのでしょうか。
どうなのか、実際に見てみましょう。

◇エアコンクリーニングのタイミング!

エアコンクリーニングは、こまめに行ったほうがいいからといっても、普通は忙しくてついつい掃除するタイミングを逃してしまいがちです。
どの時期にクリーニングをしたらいいのか、タイミングとして最適な時期は2つあります。
まず一つ目に、季節の変わり目です。
春から夏に代わるタイミングは、エアコンをもうすぐ使うという時期です。
使う前にきれいにしておくと、使ったときに不快な臭いも解消され快適に過ごせます。
次に、夏が終わって秋になるときもやっておくといいです。
頑張って働いてくれたエアコンも使う頻度が減ります。
使った分汚れもたくさんついているので、放置して汚れが頑固になる前に落としておきましょう。
秋から冬の暖房を使う前の時期に、手入れしておけばいいですが、できれば、夏の終わりにしたばかりなので簡単なお手入れでも大丈夫です。
そして冬が終わったら、夏の終わりと同様に汚れを落とす目的でクリーニングしましょう。

この時期以外であっても、すぐにクリーニングしてほしいのは、エアコンをつけるとどうも体調不良を感じることがあるときです。
エアコンを使うようになってから体調を崩しやすくなった、というときは、エアコンの内部のカビやホコリによる影響の可能性があります。
症状がひどくなる前にクリーニングしてください。
頻度としては年に2回となりますが、それだと多すぎるという場合は、年に1回ほどでも大丈夫です。

◇お掃除機能付きエアコン

エアコンはクリーニングが面倒という人の購入意欲が出るのが、お掃除機能付きエアコンです。
最近は自動でお掃除してくれる機能がついたエアコンが主流になってきています。
エアコンが自動で掃除してくれるから、面倒なクリーニングをする必要はないと思っていませんか?実はお掃除機能付きエアコンは、まったくお掃除しなくてもいい、という意味ではありません。
自動お掃除できれいにしてくれるのは、フィルターだけしか掃除はしてくれません。
フィルターに付着したホコリなどを集めて、エアコンの内部に溜めておく、もしくは外に排出する、という仕組みです。

お掃除機能付きエアコンも、使ってから開けてみると、汚れがびっしりついています。
確かにフィルターはこまめに掃除されているので汚れがあまりありませんが、そのさらに奥のフィンの汚れなども考えてみてください。
お掃除機能付きエアコンは自動できれいにしてくれるから、と安心して頼りきるのは危険です。
また運転が終わった後の清掃音が気になって、本来掃除してくれるタイミングで掃除機能を切っている人もいます。
その場合はせっかくのお掃除機能の意味がありません。
確かにフィルターをこまめに掃除してホコリを落とすことも大切ですが、汚れが付着するのはフィルターだけではないことを知っておきましょう。
そして、定期的に自動お掃除機能付きエアコンもクリーニングしなければいけません。

エアコンクリーニングのベストタイミングは何時なの?まとめ

まとめ

エアコンクリーニングのタイミング、メリット、そしてデメリットについて紹介してきました。
まさに今からエアコンクリーニングを頼みたいと思っている人には役に立つ情報ばかりです。
できるだけ安く依頼できる時期を選んでから業者探しをしましょう。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【09月25日 17時52分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月25日 17時52分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事