エアコンクリーニングは必要なのでしょうか?と疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。
エアコンを買ってから一度もクリーニングを行ったことがないという人も多いのではないでしょうか。
そんな人に警告です。
エアコンクリーニングは定期的に行わないと壊れやすく寿命も短くなります。
そんなエアコンクリーニングの必要性と最適な時期について説明します。

エアコンクリーニングはなぜ必要なの?

エアコンクリーニングはなぜ必要なの?

エアコンクリーニングをすることで、エアコントラブルの原因となるほこりが溜まることを避けるためです。
エアコンは空気を吸い込み、内部で冷却したり温めたりして、空気を吐きだし口から吐き出します。
その際、空気だけを吸い込むことは難しく、必ずと言ってよいほどほこりと一緒に空気を吸い取ります。
多くのほこりは、フィルターに絡み取られるのですが、すべてを防げません。
エアコンが不調になるほとんどの原因は、このほこりであることが多いのです。

ほこりがエアコン内部にたまることで起こるトラブルとしては、大きく分けて2つあります。
エアコン内部でカビが発生する・エアコンの稼働率が低下するなどです。
先にご紹介したように、吸気する際に入ってくるほこりは、その多くがフィルターで止められます。
しかし、ほこりの大きさというのは大小さまざまなものがあるので、すべてのほこりをフィルターで吸着させることはできません。
フィルターを通り抜けた小さなほこりは、エアコンの奥で蓄積されます。
そして、エアコン内部にある水分に付着します。
意外に知られていませんが、エアコン内部は、湿気が多く、水分と結合したほこりは、ファンなどに付着したり、その他の機械部分にさらに蓄積されたりします。

ためしに、エアコンの送風口をのぞいてみると、たくさんのほこりが溜まっていることがわかるはずです。
エアコンが稼働することで、このほこりが部屋中にまき散らされます。
そして、ここで問題なのが、このほこりを媒介にして、カビが発生するという事です。
カビや胞子がほこりとともに家の中へ排出されて、人体にさまざまな健康被害を引き起こす原因にもなります。
また、フィルターにほこりが溜まりすぎるのもエアコンへの負かが高くなりあまりよくありません。
エアコンが空気を排出する際に、ほこりがたまっていると、通常よりも大きな電力が必要とします。
エアコンの稼働率が減少して、電気代が高くなってしまう原因にもなります。
特に、以前よりもエアコンの効きが悪いと感じたら、クリーニングが必要なタイミングとなります。

エアコンクリーニングは何時やればいいの?

エアコンクリーニングは何時やればいいの?

エアコンのクリーニングは、1年中いつでも依頼できます。
しかし、エアコンクリーニング業者やハウスクリーニング業者にお願いするのに、最適な時期としては次の2つの時期が最適です。
4月~5月・9月~10月というのがエアコンクリーニングに適した時期です。
4月~5月というのは、ハウスクリーニング業者にエアコンクリーニングを依頼する最もおすすめの時期といえます。
この季節は、エアコンをあまり使わないことから、エアコンクリーニングを依頼する人が少ない傾向があり、業者が比較的暇なため料金が安くなるケースが多いからです。
多くの人は、実際に使いはじめてほこりっぽく感じたり、カビ臭さを感じたりしたときにクリーニングを依頼する傾向があります。

そのため、エアコンクリーニングを行っている業者は、このシーズンは閑散期になります。
専門業者に予約をとる際にも比較的希望の日時で予約しやすく、おすすめではないでyしょうか。
また、閑散期だからこそ、普段よりもクリーニング料金の値下げサービスを行っていたり、サービスを充実させている業者も多くあります。

2番目におすすめの時期としては9月~10月です。
冷房を使用し終わったタイミングで使わなくなります。
エアコンは、夏の間フル稼働していて、ほこりや汚れがたまっている状況です。
気持ちよく冬の暖房を使えるようにするためにも、エアコンクリーニングをしたほうがよいでしょう。
また、4月~5月同様に、エアコンクリーニング業者の夏の繁忙期が終わる時期でもあるので、比較的予約がとりやすい時期で料金も安くなります。

逆に、エアコンクリーニングの依頼をできるだけ一番避けたい時期は6月~8月です。
この時期は、エアコンクリーニングの依頼が最も多い時期です。
そのため、いざ予約をとろうと思っても希望通りの日程が確保できない恐れがあります。
場合によっては、1ヶ月以上待たされる可能性もあります。
さらに、クリーニング中はエアコンをつけられないので暑い中何日かエアコンなしで我慢する必要があります。
このような事態に陥らないためにも、シーズン外の閑散期にエアコンクリーニングを依頼することがおすすめです。

室外機のクリーニングは必要なの?

室外機のクリーニングは必要なの?

ほとんどの業者がオプションとして提案している、室外機のエアコンクリーニングは、なんか汚いし、やったほうがいいのか?必要あるんだろうか?って疑問に思っています。
結論から言うと、ほとんどの場合やらなくても大丈夫です。

◇室外機のクリーニングが必要ない理由!

まず、エアコンの悩みでもっとも多いカビ臭さで困っている場合、この症状に室外機のクリーニングはまったく関係ありません。
室外機のクリーニングが必要かどうかは、裏側からフィン(熱交換器)を見ます。
もし、ペットなどの毛やホコリ、泥などが絡んで汚れていると、空気の通りが悪くなる可能性があるのでクリーニングが必要です。
しかし、もともと室外で使われる事を想定して作られているので、ある程度は耐久性があり、そこまで汚れていることはごく稀です。
ぱっと見でフィンがきちんと見えていれば、問題ありません。
本体カバーが汚れている程度なら、自分でサッと外側を水洗いする程度で大丈夫です。
室外機の中に、明らかにホコリやゴミが溜まって中が見えないくらいのレベルなら、プロの業者のクリーニングを検討しましょう。

◇室外機クリーニングは格安の簡易版で十分

室外機クリーニングの費用は、業者によって1,000円~7,000円くらいまでと差があり、安いところでは、一般的にカバーを外から洗う作業しかしない場合が多いです。
費用が高い場合には、室外機のフレームをすべて分解し、中まで掃除してもらえるケースです。
例を挙げると、室外機のクリーニングに1台7,000円しますが、完全に分解して高圧洗浄機でキレイにしてもらえます。
ただ、ここまでの掃除が必要になるケーなどはス、ほとんどないのでは?とも思ったり。
これは、別の会社の例で、1台3,000円。
外からサッとブラシで洗うだけという感じです。

エアコンクリーニングでこれも知っておくと便利!

エアコンクリーニングでこれも知っておくと便利!

エアコンクリーニングをした後は、そのままきれいな状態を保っておきたいものです。
自宅で簡単にできる手入れのコツを紹介します。

◇送風機能や暖房で内部を乾燥させる

カビの発生をおさえるには、内部の熱交換器を乾かすのが最善策です。
冷房を使った後、送風を1時間ぐらい付けると水分を乾燥させてくれるのでカビが生えにくくオススメです。
古い機種のエアコンだと、送風がない可能性があります。
その時は暖房をつけても問題ありません。
ただ、夏場に送風や暖房をつけると部屋が暑くて大変なので、寝る前や出かける際、タイマーをセットしておくと問題ありません。
送風時間は1時間から3時間くらいが目安です。
ちなみに、内部クリーンと書いてあるエアコンの場合も送風運転と同じような機能になります。
いずれも、エアコン内部のカビを防ぐ効果はありますが、すでに発生してしまったカビや臭いは取り除くことができません。

◇カバーをしてホコリが入らないようにする

シーズンが終わったエアコンは、中になるべくホコリが入らないよう、カバーをかけておくと長持ちします。
専用カバーも売られていますが、フェイスタオルをエアコンの上にかけておくだけでも効果があります。
エアコンは上から空気を吸い込み、下に吐き出す構造になっているので、本体の上をカバーしておくだけでホコリが入りにくくなるのです。
ちょっとした気遣いですが、お金をかけずに簡単にできるのでぜひお試しください。

エアコンクリーニングはやらなくていいの?とんでもありませんまとめ

まとめ

エアコンクリーニングの必要性と、行う時期について詳しく説明してきました。
今まで一度もエアコンクリーニングを行ったことがない人は特に良く読んで頭の中に叩き込んでおいてください。
必ず役に立つ情報となります。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【09月25日 17時22分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月25日 17時22分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事