エアコンを長年使っていると、どうしても効きが悪くなり、汚れも溜まっていきます。
そんなエアコンなので、定期的なクリーニングは欠かせません。
今までエアコンクリーニングをやったことがないという人は一度やってみてください。
エアコンクリーニングを業者へ依頼するか自分でやるかは本人次第ですが、業者へ依頼した方がクリーニング後の電気代の節約やエアコンの効きの良さが自分でするよりは大分よくなります。
ただし、業者へエアコンクリーニングを依頼した時にデメリットはあるのでしょうか。
その辺を詳しく説明します。

エアコン汚れの原因

エアコン汚れの原因

空気中の塵ホコリが蓄積されたものや内部に繁殖したカビがエアコン汚れの原因になります。
そもそもエアコンから出る風はどこからきているものか知っていますか?外から取り込んでいると思っている人が多いようですが、実は「室内の空気」なんです。
外からの空気ではないのです

◇エアコンクリーニングの汚れとは

どんなに毎日掃除をしている綺麗な部屋でも残念ながら埃や塵は空気中に飛んでいます。
空気中の塵やほこりには、花粉・ダニ・ハウスダストなどが含まれています。
また、エアコンはカビが生えやすい家電製品でもあります。
エアコンの内部は適温かつ、湿度が高い為、カビが発生しやすい環境になっています。
また、住む環境によってもさまざまな汚れが発生します。
ペットがいるお家はペットの毛が空気中にさまよいエアコン内部に吸い込みます。
喫煙者のいる家の場合は煙草の副流煙が待っているためエアコン内部にもたばこの煙を吸い込みます。
大通り沿いのお家は排気ガスがたくさんあるので排気ガスを吸い込みます。
普段エアコンを使えば使うだけ汚れていきます。
購入してまだ1~2年だから大丈夫と思っている方もすぐにエアコン内部は汚れるため油断大敵です。

◇汚れを放置しておくとどうなるの?

空気中の汚れにはカビやダニなど人の健康に被害を及ぼす物質が含まれています。
その物質とは、エアコン汚れの放置により発症の危険性がある症状・アレルギー症状・喘息・カビ肺炎・皮膚の異常・免疫力が弱い小さなお子様がいる家庭は、特にエアコンクリーニングを定期的に行わないとエアコンに負荷がかかり壊れやすくなります。

エアコンクリーニングのDIY

エアコンクリーニングのDIY

エアコンクリーニングは、自分でもやろうと思えばできます。
ホームセンターなどにもエアコン専用の洗浄剤や洗浄用の養生カバーなどが安く販売されています。
自分でエアコンクリーニングを行うには、エアコン内部の構造をしっかりと理解し、手順をふまなければ故障する可能性があります。
自分でやるには清掃範囲に限度があるので、まずは、事前準備を整えましょう。

◇養生

まず、エアコンのコンセントを抜くことも忘れずにやりましょう。
次にエアコン周囲1m範囲内の家具家電を移動させます。
壁や窓に汚水が飛び散らないように透明ビニールと養生テープでしっかりカバーしましょう。
エアコン専用のカバーは市販であるので被せるだけなので簡単にできます。
理想的な養生スタイルはこんな感じです。
下にバケツをおいて、洗浄した汚染水が流れ込む構造になっています。
エアコンの近くに窓やコンセントがある場合は、濡れたりしないようにビニールと養生テープでしっかり保護してください。

◇洗浄

YouTubeに自分でできるエアコンクリーニング動画が結構アップされています。
百聞は一見に如かずなので動画を見て勉強しましょう。
よく予習をしてコツを掴んでおくことをおすすめします。

◇乾燥

洗浄後は、1時間以上乾燥させてください。
中途半端に乾かしてすぐカバーして起動させてしまうと故障の原因や、カビを余計に繁殖させてしまいます。

エアコンクリーニングを業者に依頼

エアコンクリーニングを業者に依頼

自分でできる洗浄方法をご紹介しましたが、自分でできる気がしない・プロに頼んだらどこまでやってくれるのか知りたいという人に一般的なハウスクリーニング業者が行っているクリーニング手順を紹介します。

◇分解

最初に分解作業がありますが、丁寧に汚れ具合や内部の構造を説明しながら分解してくれます。

◇養生

業者が独自開発した専用カバーなどを使って周知に配慮した養生をしてくれます。

◇洗浄

最初に、洗剤による高圧洗浄を行います。
専用のブラシで、ブラッシングをしてくれます。
次に高圧水ですすぎます。
最後に、外装パネルの拭き洗浄を行ってくれます。

◇乾燥

乾燥しないとカビの繁殖に繋がるのでしっかり時間をおいて乾燥させます。
本体を乾燥させている間に取り外したフィルターやエアコンカバーの汚れも細かく洗い流してくれます。

◇試運転

最後は立ち会いのもと、通常通り運転するかどうかのチェックをしてOKであれば完了です。
業者によっては、自分でできる掃除のコツや汚れにくい対策を教えてくれたりするので、気になる方は何でも質問してください。
使用している機材などを見るとやはり安心できるプロに任せるのもありではないでしょうか。
業者に依頼すると1台あたり9,980円~14,040円で依頼できます。
自分でやるリスクや手間を考えるとプロに任せた方が安心ですし費用だけの価値はついてきます。

エアコンクリーニングで節電対策できる

エアコンクリーニングで節電対策できる

エアコンクリーニングをするメリットとして最大のメリットは、節電効果ではないでしょうか。
エアコン内部が汚れていると風力が低下し、効きが悪くなってしまいます。
冷房の効きが悪かったら設定温度を下げたり、風力を強めないといけなくなります。
そうすると、消費電力も自ずと上がってしまいます。
エアコンクリーニングで汚れがきれいになると、フィルターの詰まりや、ファンの回転力などが改善され、エアコンの効き目が格段に上がります。
電気代だと約20%の削減が可能です。
エアコンの電気代はアンペアや部屋の広さによっても変動しますが、大体1時間あたり20円程度かかると考えられています。
夏や冬などエアコンの使用が必須の季節に1日8時間使用したとして1日のエアコン電気代は、160円。
1ヶ月で4,960円という計算委なります。
20%の削減となると1ヶ月で992円の削減になります。
年間では11,904円もの削減に繋がります。
塵も積もればという感じでは二でしょうか。

エアコンクリーニングを業者へ依頼!デメリットは?まとめ

まとめ

ここまで、長年使ってきたエアコンのクリーニングをDIYするのか業者に依頼するのかでその違いについて紹介してきました。
業者へ依頼する方が効果は高くメリットがたくさんあるという事がわかったのではないでしょうか。
デメリットもほぼないに等しい状態なので、エアコンクリーニングをしなければと思ったときは、業者へ依頼してみてください。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【04月17日 21時03分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月17日 21時03分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事