自宅にエアコンを難題も持っていて市硫黄年数によってはクリーニングをしなければ、すぐに壊れてしまう可能性があります。
そうならないようにするためにも定期的なクリーニングを手順に従って行いましょう。
エアコンの種類によってもやり方が変わるので、その辺も詳しく見てみましょう。

自宅にエアコンを難題も持っていて市硫黄年数によってはクリーニングをしなければ、すぐに壊れてしまう可能性があります。
そうならないようにするためにも定期的なクリーニングを手順に従って行いましょう。
エアコンの種類によってもやり方が変わるので、その辺も詳しく見てみましょう。

<p>自宅にエアコンを難題も持っていて市硫黄年数によってはクリーニングをしなければ、すぐに壊れてしまう可能性があります。<br>そうならないようにするためにも定期的なクリーニングを手順に従って行いましょう。<br>エアコンの種類によってもやり方が変わるので、その辺も詳しく見てみましょう。</p>

エアコンクリーニングをするときは、前準備が重要です。
いきなりクリーニング作業を始めてしまうと回りの家具などを汚してしまいます。
そうならないように準備をしっかりと行っておきましょう。

◇エアコンの掃除が必要な理由は?

エアコンは部屋の暖かい空気を上の吸入口から吸って、エアコン内で熱交換し、冷たい空気を下から吐き出すという仕組みになっています。
そのため、内部は結露しやすく、カビが繁殖しやすい環境です。
エアコン内部にカビが繁殖すれば、カビ入りの空気を吐き出すことになってしまいます。
カビ入りの空気は、私たちの生活に悪い影響を与えます。
カビの影響は、まずは臭いです。
エアコンをつけるとイヤな臭いがする事はありませんか?
これはカビのせいかもしれません。
また、カビによるアレルギー症状や、抵抗力が弱い小さな子供や高齢者だと、気管支喘息や肺炎にかかるリスクもあります。
そのため、エアコンは定期的に掃除して、キレイに保たなければいけません。

しかし、エアコン内部は細かい電子部品がぎっしり詰まっています。
複雑な構造のため、素人が隅々まで掃除するのは難しいでしょう。
何かいい手はないものでしょうか?
エアコンの掃除に便利な掃除グッズがあれば助かるのですが。
そこで、素人でもできる掃除に便利な、エアコンクリーナーやスチームクリーナーを使った掃除方法を紹介します。

◇エアコンを掃除する前に養生

エアコンは、壁から外して掃除することはできないことはありませんが素人が取り外すと組み立てができなくなる可能性があるのでやらない方が良いでしょう。
そのため、壁にかかった状態で、掃除することになります。
エアコンを掃除すると、汚れは天井、壁、床、家具などに飛び散ります。
エアコン掃除を始めるには、まず、天井、床、家具などを汚れから保護するために養生が必要です。
今回はご家庭にあるゴミ袋を使って、養生する方法を紹介します。
この作業をきっちり行っておけば、エアコン掃除で部屋を汚すこともありません。

エアコンクリーニングの種類

エアコンクリーニングの種類

インターネットや、ホームセンターなどにはエアコンクリーナーを探すとたくさん商品があります。
ここで、頭に入れておいてほしい事があります。
販売されているエアコンクリーナーのほとんどは、フィンを掃除するためのフィンクリーナーだということです。
フィンクリーナーだけでは、エアコン全てを掃除することはできません。

◇エアコンフィンクリーナー

フィンとはエアコンのフィルターの奥に見える、薄い金属が並んだ部分のことをいいます。
エアコンは部屋の空気を吸い込んだ後に、この部分で温度調整をします。
冷房運転をしている時には、部屋の温かい空気を上から吸い込みフィンの部分で冷やすため結露が発生します。
発生した結露はカが発生する原因になるので、乾燥させてキレイにしておくと安心です。

◇エアコンファンクリーナー

エアコンのどの部分がファンかというと、エアコンの吹き出し口から奥の方を見ると、チラッと見える部分です。
ファンは筒のような形をしていて、回転することで風を起こします。
部屋の空気を吸い込で、温度調整をした空気を部屋に吐き出したりする働きをしています。
ファンクリーナーは少し値段が高く、探してもなかなかドラッグストアには置いていません。
インターネットで探した方が、早く購入できます。
そんな高くて見つかりにくいのなら、ファンクリーナーだけでいいやと思っていませんか?
エアコンは、ファンとフィンの両方をセットで掃除しないと効果があまりありません。

◇エアコンフィルタークリーナー

エアコンフィルタークリーナーはエアコンフィルターの目の奥に付いたホコリや、汚れを落とすクリーナーです。
スプレーすると泡が出て、汚れを表面に浮かせて落としてくれます。
フィルターをこすったりする必要がないので、フィルターをいためる心配がありません。

◇ドレンホースクリーナー

ドレンホースクリーナーは、ドレンホースというエアコンの不用な水分を外に排出するホースのことです。
注射器のようにしてレバーを引いてドレンホースを外すと、ドレンホースより溜まった水や、汚れが出てきます。

エアコンクリーナーを使う時は2つの注意点

エアコンクリーナーを使う時は2つの注意点

自分で掃除できる便利なエアコンクリーナーですが、間違った使い方をすればエアコンの状態をよくするのではなく故障することもあります。
掃除の前に押さえるべき、ポイントを2つ紹介します。

◇エアコンの電装部分に洗剤をかけないように注意する!

エアコンの電装部分は、しっかり保護して掃除をしないと故障の原因になります。
洗剤がかかるとエアコンが故障することもあるからです。
洗剤だけでなく、水分もかからないようにしなければいけません。

◇エアコンから水漏れすることもあるので注意!

エアコン内部の汚れやホコリがひどい時にエアコンクリーナーで掃除すると、汚れやホコリの塊が詰まってしまう可能性があります。
そうするとエアコンの結露によって水分を排出できなくなり、水漏れしてしまう可能性があります。
畜圧噴霧器などを活用し、多くの水で汚れを流していけば水漏れを予防できるでしょう。

エアコンの掃除に使えるスチームクリーナー

エアコンの掃除に使えるスチームクリーナー

エアコンの掃除にスチームクリーナーを使うと洗剤も使わないできれいに汚れを落とすことができます。
スチームクリーナーの使い方を説明します。

◇スチームクリーナーの特徴

スチームクリーナーは100℃近くの蒸気が出て、汚れを浮かせる掃除用具です。
油やカビ、シミなどしつこい汚れを、高温の蒸気で浮かせるのでキッチンや、風呂場やエアコン掃除などでよく使われます。
また、ソファやカーペットなど、布製の家具の奥に入り込んだ汚れをも、高熱で浮き上がらせるので重宝されます。
スチームクリーナーの噴出タイプは2種類あります。

◇ボイラー式スチームクリーナーの特徴

ボイラー式スチームクリーナーの特徴として、蒸気を出す(ヒートアップタイム)のに5分程度かかりますが、その分強い噴射力で長時間広範囲に使えます。

◇パネル式スチームクリーナーの特徴

パネル式スチームクリーナーの特徴としては、平べったい形で、その部分だけ蒸気が噴出します。
10秒程度で蒸気が出るようになります。
しかし、威力が弱く量も少ないため連続して使うことになります。
他にハンディタイプや、キャニスタータイプなどがありますが、エアコンの掃除に使うなら噴出力の強いボイラー式は汚れが良く落ちます。
あとはエアコンの掃除や、スチームクリーナーを初めて使う人は、連続噴射時間の長い方を選びましょう。
さらにブラシノズルを使うと、細かい場所への掃除までできます。
エアコンの掃除はスチームクリーナーなしでもできますが、スチームクリーナーを使うことでメリットがいくつかあります。

◇スチームクリーナーのメリット:

スチームクリーナーは、蒸気でどんな汚れも浮かせられます。
エアコンがキッチン近くに設置している場合は、しつこい油汚れが付着していますが、こちらもスチームクリーナーで浮かせて落とせます。

◇スチームクリーナーのメリット:油汚れに強い

スチームクリーナーは、蒸気でどんな汚れも浮かせられます。
例えば、エアコンがキッチン近くに設置している場合、しつこい油汚れが付着してますが、こちらもスチームクリーナーで浮かせて落とせます。

◇スチームクリーナーのメリット:洗剤を使う必要はない

スチームクリーナーは専用の洗剤を使わないで上記だけで掃除できます。
商品によっては専用洗剤を必要とするものもありますが、その場合は取扱説明書を読んで使用方法を守り、洗剤を残さないように掃除をしましょう。

エアコンクリーニングは必須!エアコンの寿命を延ばすためにも必要!まとめ

まとめ

エアコンクリーニングをするときお準備や、エアコンの種類に合わせたクリーニング方法を詳しく紹介してきました。
手順さへしっかりと行って行けば、自分でエアコンクリーニングはできるという事がわかったのではないでしょうか。
エアコンクリーニングをしようかと考えている人は参考にされてみてください。

エアコン掃除修理業界最安値

エアコン掃除、エアコン修理見積もり無料

【09月25日 18時57分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【09月25日 18時57分現在】
お電話、すぐに対応いたします。
おすすめの記事